技名
逆エビ固め
【ぎゃくえびがため】
分類 ダメージ部位
■絞め
●仰向け寝 or うつ伏せ寝
腰・足
解説

相手の両足を取って、
相手の体を逆に反って絞め上げる。
1.
仰向けに寝ている相手の足元に立ち、
相手の右足を自分の左脇下、
相手の左足を自分の右脇下にそれぞれ挟み込み、
左側に捻って相手の体をうつ伏せにしながら、
相手の腰を跨ぐように自分の右足をステップオーバーし、
その相手の腰に座り込み、
胸を張って、相手の足を自分の背中側に反り上げ、
相手の腰・足にダメージを与える。

2.
うつ伏せに寝ている相手に仕掛ける。
相手の足側を向いて、腰を跨いで立ち、
相手の右足を自分の左脇下、
相手の左足を自分の右脇下にそれぞれ挟み込み、
その相手の腰に座り込み、
胸を張って、相手の足を自分の背中側に反り上げ、
相手の腰・足にダメージを与える。

マイク・リーJrは、
自分がコーナーにもたれかかってに立たされている際、
後ろ手にトップロープを掴んで飛び上がってコーナートップ上に座り、
スピアーを狙って走ってくる相手を空かし、
トップロープと2ndロープに上半身が挟まった状態の相手の両足を取り、
コーナー上で逆エビを極めるパターンを得意としている。
新日本プロレスのヤングライオンの
基本的な技としてもよく使われる。

新日本プロレスの若手以外にも、
プロレスの基本的な技として用いられる。

“逆エビ固め”とは、
ちょうどエビ固めの体勢と逆になっているところから。
主な使い手 同一技
- ボストンクラブ

戻る サイトトップへ
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO