技名
逆水平チョップ
【ぎゃくすいへいちょっぷ】
分類 ダメージ部位
■打撃
●正面 or カウンター
解説

水平に打ち込むチョップ。
自分の右腕を内側に捻りながら、
右手の掌を相手の胸元目掛けて叩きつける。

“チョップ”といっても、
手の側面で叩くわけではない。

ダメージが逃げないように、
コーナーに寄りかかっている相手に繰り出す場合も多い。

小橋建太のこの技は威力充分で、
これ一発で客を沸かせることができる。
この技を何発も連発で打ち込む、
マシンガン逆水平チョップも使う。

天龍源一郎はグーパンチとこの技を交互に使う連携も得意としている。

アメリカマットではこの技と同時に、
観客が「WOOO!」と呼応する。

未来もこの技を多用。
女子プロレスラーでこの技を使う選手は極端に少なく、
しかも音も良く威力もあるので、
己の個性をアピールする最大の要因となっている。
試合を作る上で、頻繁に使われる打撃技。

この技を交互に打ち合ったり、
それを耐える様は、
魅せる部分で非常によくある光景。
主な使い手 同一技
小橋建太
川田利明
天龍源一郎
佐々木健介
未来
ナイフエッジチョップ

戻る サイトトップへ
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO