技名
世田谷スープレックス
【せたがやすーぷれっくす】
分類 ダメージ部位
■投げ
●正面
背中・腰
解説

ライジングスタースープレックスホールドの当初の名称。
相手の正面から仕掛ける。

相手の両腕を自分の左脇下に挟み込む。
(両腕をまとめてののような感じ)

相手の左足を自分の右腕で外側から抱える。
フィッシャーマンズスープレックスのような感じ)

その状態で後方に反り投げ、
相手を背中・腰から叩きつけたまま、
ブリッジを保ってフォールする。
(腕のクラッチも保ったまま。)
若手時代の三田英津子のフィニッシュホールド。
初公開は1992年2月28日。
全女・世田谷区民会館において。
豊田真奈美と組んでの、長谷川咲恵 & デビー・マレンコ戦。
『日米新世代タッグ5番勝負』と銘打たれたこの試合で、
長谷川からこの技でピンフォールを奪っている。

三田の地元である世田谷で公開したところから、
世田谷スープレックス」と命名された。
その後、ライジングスタースープレックスホールドと正式に命名された。

主な使い手 同一技
三田英津子
遠藤紗矢
タニー・マウス
ライジングスタースープレックスホールド

戻る サイトトップへ
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO