技名
ジャンピングエルボードロップ
[Jumping Elbow Drop]
【じゃんぴんぐえるぼーどろっぷ】
分類 ダメージ部位
■打撃
●仰向け寝 or うつ伏せ寝
各部位
解説

飛び上がってのエルボードロップ。
寝ている相手に仕掛ける。

高々とジャンプしつつ、
自分の体を左に流してマットに対して平行になりながら、
自分の右腕を折り曲げ、肘を相手に打ち下ろす。

主に相手の胸元を狙って打つが、
相手の膝の内側などを狙って打つこともある。

その場飛びで大きく勢いをつけてジャンプするパターンや、
(橋本真也や大鷲透など)
走って勢いをつけてジャンプするパターンがある。
(三沢光晴など)

棚橋弘至のこの技は独特で、
マットに対して仰向けになるように飛び上がり、
体を揺さぶりながら落下して打ち下ろす。
三沢光晴や小川良成のコンビは、
小川がカニばさみで相手を倒したあと、
三沢がその小川の上を飛び越えるようにジャンプし、
相手の背中を目掛けてこの技を放つという連携を得意としている。

うつ伏せにダウンしていた小川直也が、
起き上がろうと肘をマットについた瞬間に、
橋本真也にこの技を仕掛けられ、
その衝撃で肩を脱臼してしまったことがある。
主な使い手 同一技
橋本真也
三沢光晴
-

戻る サイトトップへ
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO