技名
シュバイン
[SCHWEIN]
【しゅばいん】
分類 ダメージ部位
■投げ
●正面
解説

両足タックルで相手を抱え上げ、
後ろ手に相手の頭を捕らえ、
垂直落下式で叩きつける。
(簡単に言うと垂直落下式水車落とし)
相手の正面から仕掛ける。

両足タックルの要領で相手の懐にもぐり込み、
自分の右肩の上に相手の体をうつ伏せに抱える。
(相手の下半身が自分の前、相手の上半身が自分の後ろに来る状態)
水車落としの抱え上げた体勢のように)

自分の右肩の上に相手を抱えたまま、以下のように相手の体を持ち替える。
自分の左手で相手の右膝裏辺りを持って相手の体を支えつつ、
自分の右手で前から相手の後頭部を支える。
(後ろ手に相手の頭を支える形になる)

その状態で飛び上がって自ら尻餅をつくようにマットに着地し、
自分の右サイドに相手の頭からマットに突き刺す。

相手の後頭部を支える際、
相手を振り子のように右に振りつつ持ち替えるため、
一連の動きはとてもスムーズ。

また、両足タックルから入るという特性を持っているため、
それなりのリスクを抱えた技ではある。
CIMAの必殺技。
膝の負傷をきっかけとし、
マッドスプラッシュに変わる必殺技として開発された。

この技、CIMA自身もかなり気に入っているようで、
インタビューやMCで何かと名前が出る技でもある。

名前の由来はやはりCIMAの好きなBUCK-TICK繋がり。
“シュバイン”とは日独英、三国からメンバーが集ったバンドの名前。
(BUCK-TICKからは櫻井敦司・今井寿が参加)
ちなみにこの言葉、ドイツ語で“豚”。

マイケル・モデストのリアリティチェックと似ているが、
抱えるフォーム、落とす角度などが違う。
CIMAが丸藤に「モデストさんに「パクったみたいでゴメン」と伝えといて」
とお願いしたエピソードもあったとかなかったとか。

主な使い手 同一技
CIMA -

戻る サイトトップへ
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO